タグ付けされたすべての記事 カンファレンス
3 投稿

ベルリン

2007年、ベルリン市は既に使用されなくなったTempelhof空港の再開発のため、エヴァの助けを求めました。Tempelhofは市の中心に位置し、3,5平方キロメートルの広さでエヴァは再開発のためには近郊にあるNeuköllnという地区の人々の参加協力は必須だと主張しました。その結果、今では自然保護を目的に大きな自然公園が設置され、近郊に住む住民の憩いの場と変化を遂げました。公園の周辺に新しい住宅街がつくられ、以前飛行場だった建物の中では展示会やイベントが開催されています。Tempelhofの再開発はベルリン市と周囲に住む人々の暮らしへ新しい風を吹き込む結果となったのです。 2007年以降、エヴァはたびたびベルリンを訪れ、2010年にはOlafur Eliasson’sの空間研究所のスペースアクティブマラソンという空間の発展•アート•建築•公の空間の使い道を協議する国際会議に参加しました。2012年には市役所の招待のもと、放置された産業地区の再利用に関するInternationale Bau Ausstelling (IBA) Symposium Sleeping Giantsという協議会に参加しました。 その他にもKW現代アート研究所とTUベルリン合同で開催されたMake Shift協議会に出席し意見交換を行いました。  2013年にはベルリン市役所とBuro Happold氏に、NDSMエネルギーを見本として再生可能な自然エネルギーをTempelhofに導入においての指導を求められました。ベルリンで開催されるIBA2020(世界で3番目に大きい建築エキシビション)での会議やシンポジウムでTempelhofは他の放置された産業地帯の見本として注目されるでしょう。…

バレンシア

スペインのヴァレンシア協議会 2013年5月8日から10日まで Aula Ciutat調査所とUIMP (Universidad Internacional Menédez Pelayo)の招待のもと、エヴァはニューヨークのHigh Line Parkプログラムの総監督Danya Shermanとともに市民参加型の都市開発に関しての講義を行いました。この講義はヴァレンシアの無法地帯と関連づける形で最後にはこの無法地帯をどう有効利用、またどのようにして再開発できるかという議論を促し、都市開発の限りない可能性を示すものとなりました。   &nbsp…

NDSMツアー&トーク

エヴァのところにはNDSM造船所に関しての講義やツアーの依頼がよくあります。それは国内外より放置されていた造船所を文化的なホットスポットに変化させたことにたくさんの人が注目しているからです。学者から文化人まで、多くの人がエヴァの関わったNDSM造船所改造計画をもっともユニークなものの一つとたたえています。チャレンジ精神から計画の規模の大きさ、「骨組みとしての都市」モデルまで、彼女の「インポッシブルだけど完全に無理ではない」というモットーのもと全てを実現できたのです。…