タグ付けされたすべての記事 コミュニティ
12 投稿

ヘースターフェルド

2009年、アムステルダム南東部に位置するヘースターフェルド複合建築は、かつてのバイメールの姿を残す数少ないのものとなっていました。ジャン・ヴァン・ゴールの特徴的な建築様式は未だ健在でしたが、それ依然にヘースターフェルドは非雇用率、犯罪、薬物などの問題に悩まされており、誰も注意を向けない無法地帯と化していました。アムステルダム住宅社団法人のアイメーレはヘースターフェルドの建物を取り壊し新たに家々を建築したいと考えましたが、財政危機の結果2017年まではその計画は延期されることとなりました。その間、ヘースターフェルドの複合建築でなにができるでしょうか。アイメーレの委任を受け、エヴァはいくつかのプロジェクトを立ち上げました。これがヘースターフェルドを人々が住み働きでかけることのできる理想の場所へと進化させることとなるのです。…

イスタンブール

2012年末、エヴァはオランダの建築事務所(NAI)とイスタンブールのGalata Greek School Foundationの合同プロフラムを誘導する役目をつとめました。エヴァはエキスパートとして、イスタンブール中心街の歴史あるギリシャ学校の再開発に関してのワークショップを建築家に向けて行いました。 イスタンブールのルムとも呼ばれるギリシャ正教会の信者は20世紀に200,000から2,000に数を減らしました。ルムに属した多くの建物は市によって回収され、現在は空き家となっています。しかし、2011年に少数民族(この場合イスタンブールのギリシャ正教会の信者)に一時属した建物は要求すれば市から返還可能と法律が改正され、ガラタギリシャ学校はその中でも返還された最初の建物でした。 では古いイスタンブールの中心街で、今まで放置されていた学校はどう再利用出来るのでしょうか。そして建築という分野がそのためにどのような役目を果たすことが出来るのでしょう。また、どのようにすればこの建物が再びギリシャ正教会の信者たちの憩いの場所となれるのかというようなことがはじめに述べたオランダ建築事務所との合同プログラムで議論されました。 2012年11月、シンポジウムで話し合われた末の結論がルムやイスタンブールの地域開発に携わる人々たちに提案され、一ヶ月後にはそれを実現するために活動が始まりました。エヴァ誘導の合同プログラムがガラタギリシャ学校に新しい未来をもたらすきっかけになったのです。…

ヘースターフェルド創造的共同体

2009年、アムステルダム南東部に位置するヘースターフェルド複合建築は、かつてのバイメールの姿を残す数少ないのものとなっていました。ジャン・ヴァン・ゴールの特徴的な建築様式は未だ健在でしたが、それ依然にヘースターフェルドは非雇用率、犯罪、薬物などの問題に悩まされており、誰も注意を向けない無法地帯と化していました。アムステルダム住宅社団法人のアイメーレはヘースターフェルドの建物を取り壊し新たに家々を建築したいと考えましたが、財政危機の結果2017年まではその計画は延期されることとなりました。その間、ヘースターフェルドの複合建築でなにができるでしょうか。アイメーレの委任を受け、エヴァはいくつかのプロジェクトを立ち上げました。これがヘースターフェルドを人々が住み働きでかけることのできる理想の場所へと進化させることとなるのです。…

NDSMツアー&トーク

エヴァのところにはNDSM造船所に関しての講義やツアーの依頼がよくあります。それは国内外より放置されていた造船所を文化的なホットスポットに変化させたことにたくさんの人が注目しているからです。学者から文化人まで、多くの人がエヴァの関わったNDSM造船所改造計画をもっともユニークなものの一つとたたえています。チャレンジ精神から計画の規模の大きさ、「骨組みとしての都市」モデルまで、彼女の「インポッシブルだけど完全に無理ではない」というモットーのもと全てを実現できたのです。…

アイ湾沿岸工業建築組合

アイ湾沿岸工業建築組合とはアイ湾マンハッタン計画の影響を受けて、1993年に設立されたアムステルダム市主導下のアイ湾土手大規模再開発と、土地回収業者、及び銀行が共同で立ち上げた組合です(現在の The Zuidas) 。組合の発起人は湾沿いにある12棟の建築物を不法占領していたそこの住民や芸術家達でした。彼らの当初から訴える主張とは建設物によって街の文化破壊を阻止する事、そこで組合は長い間放棄された工業用地を再調査し、都市開発を目的とした前例のない新しい提案を作成しました。それは「骨組としての都市」と1996年に名付けられ、翌年にはHet Kerend Tij(潮の変わり目)という書物に取り上げられました。それにより現代都市計画の青写真が出来上がり、居住者(利用者)による、彼らの為の都市革新事業へと躍進しました。 さらに組合は居住者の挙げたいくつかの改善策や文化団体の組織化をはかり、彼らの居場所を確保する為の様々な援助を行いました。中でも成功例としてはPlantage Dok,Het Veen,Pakhuis Wilhelmina,OT301が存在しますが、中でも有名なのは「骨組みとしての都市」のモデルとなった「芸術の街」のあるNDSM造船所でしょう。 1997年以降、エバは建設組合とは、2棟の建築物の利用者という事も含め色々と深く関与していました。彼女は広報管理、実演説明、傍聴会、文化宣言をこなし、市議会のロビー活動の場で開発委員会(Incubator Policy)が発足、エバは2006年、建設組合の中心人物に指名されました。 20年の長期にわたる努力は身を結び、それは市の文化政策に多大な影響を与えました。適切な予算のもとで開発委員会スタートさせ、文化建築物と芸術家達、市議会と公共住宅機構との架け橋を作り上げました。…

NDSMエネルギー

NDSMに持続性の有る環境に優しいエネルギーを供給する目的で、エヴァはNEWNRGと言う顧問委員会協力のもと、De Energiemaatschappij, dat zijn wij (私たち自身がエネルギー会社)と言うプロジェクトを立ちあげました。それは、リサイクル全般、新しいアイデアの導入、そしてそれらを実践活用化していくのが目的の会社で、例をあげると、ビルディングホール内の温水ポンプ完備、起重機に小型風車の設置、自主エネルギーで動くハウスボードや 「車と心」のエネルギー供給所の設置などがあります。後者のエネルギー供給所は2006年アムステルダム初の純植物油給油所とともに電気自動車給電所となりました。心(精神面)はメディテーションを通じ内面も再充実するようにと提案されたものです。 2012年、エヴァはNDSMエネルギー共同基金立ち上げにあたりこの環境に優しいエネルギー案を再提案、課題に取り上げました。造船所付近に位置する様々な会社がアイ川北部の土手にある三基の大型風車の一基の合同購入と市場開拓を今後の目標に掲げ、ここに集結したのです。その仲間はBAM、MTV、Pllek、造船所、ヘマ、レッドブル、ノードリヒト、ボーテル、グリンピース、芸術家、個人起業家達などです。そして我々の今の時点でのもう一つの目標とは、促進力の持続、共同購入、常に話合いの場をもち、NDSM造船所のより良いスマートな未来に向けての貢献などです。 NDSM エネルギーの詳細はwww.ndsmenergie.nlでご覧頂けます…

NDSMエネルギーの立ち上げメンバー

上段:ロン•ズワルトフッド(クロンプ)、ヨアン•クラーマー(ゲワォーンボート)、エヴァ•デクラーク(エヴァ•デクラーク)、フレーク•ボス(コムセンソ)、ウェッセル•ハーンストラ(プロジェクトNDSM) 下段:アンネマリー•ホーグランド(NDSM東)、ハルコ•グルーン(スキップドック)、マルティン•パーター(フォロンティア•ストラテジー)、アーヤン•スキリング(フィクションファクトリー) &nbsp…

共有空間 H75

ヘースターフェルドに住む人々は居住者たちの共有空間の必要性を感じていました。この要望を実現するためにエヴァはインテリアの募集をかけました。芸術学校であるリエトベルト大学の学生たちからの応募もありましたが、結果的には複合建築の居住者たちの応募案が通り、共有空間H75が現実のもののとなりました。。エヴァは計画における認可の取得や実行に貢献しました。H75は現在完成して、ヘースターフェルドの創造的共同体によって管理されています。…