オープン•イノペーション•キャピタル

2008年、エヴァはラヤナ•モコギンタ、マーティン•ブルンス、ルッド•フリンスとともにオープン•イノペーション•キャピタルというイニシアティブを提案。インターネットのオープンソースという概念を基本に様々な分野で活躍するエキスパートを招待して意見交換の場を設けようという試みで、今までオープン•イノペーション•キャピタルに参加した人たちはコミュニケーション•テクノロジー•住宅建築•エネルギー専門家•広告•映画•大学•科学者•研究所•メディアなど様々な分野の出身です。また、マルチな企業から中小企業、自営業者まであらゆる人々が参加しました。

これらの集いでされた意見交換を公にし、それぞれの意見や考えを刺激し合って発展させようというコンセプトのもと、アイデアをそのままにせず皆で進歩させていこうというのが狙いです。

参加者があらゆる分野の出身ということもあって、意見交換の場でのトピックはさまざまでした。(インターネットの使い方から暮らし方、またエネルギーの再利用からアートに及ぶまで) このオープン•イノペーション•キャピタルを誘導することで、エヴァは再度、都市開発や放置されてしまった土地や建物の再利用や再開発は大企業や都市開発に関わる人々ではなく、それらの土地や建物を使用することになる人々や住民を中心に発展させていかなければならないのだと確信しました。NDSM造船所や、ヘースターフェルドはこのようなコンセプトのもと再開発が可能だということを示したものです。