NDSMエネルギー

NDSMに持続性の有る環境に優しいエネルギーを供給する目的で、エヴァはNEWNRGと言う顧問委員会協力のもと、De Energiemaatschappij, dat zijn wij (私たち自身がエネルギー会社)と言うプロジェクトを立ちあげました。それは、リサイクル全般、新しいアイデアの導入、そしてそれらを実践活用化していくのが目的の会社で、例をあげると、ビルディングホール内の温水ポンプ完備、起重機に小型風車の設置、自主エネルギーで動くハウスボードや 「車と心」のエネルギー供給所の設置などがあります。後者のエネルギー供給所は2006年アムステルダム初の純植物油給油所とともに電気自動車給電所となりました。心(精神面)はメディテーションを通じ内面も再充実するようにと提案されたものです。

2012年、エヴァはNDSMエネルギー共同基金立ち上げにあたりこの環境に優しいエネルギー案を再提案、課題に取り上げました。造船所付近に位置する様々な会社がアイ川北部の土手にある三基の大型風車の一基の合同購入と市場開拓を今後の目標に掲げ、ここに集結したのです。その仲間はBAM、MTV、Pllek、造船所、ヘマ、レッドブル、ノードリヒト、ボーテル、グリンピース、芸術家、個人起業家達などです。そして我々の今の時点でのもう一つの目標とは、促進力の持続、共同購入、常に話合いの場をもち、NDSM造船所のより良いスマートな未来に向けての貢献などです。

NDSM エネルギーの詳細はwww.ndsmenergie.nlでご覧頂けます