ラヤナ モコジンタ

パワー、情熱そしてヴィジョン。これらが都市開発に携わるエヴァを語るのにふさわしいキーワードです。経済、社会、そして文化はともに発展していくことが可能だと彼女は考えています。とてもクリエイティブな一方、とても現実的でビジネスの才能も持ち合わせている彼女。古い都市や地域開発とは反し、地域の発展は関わる全ての人が一丸となってこそ達成することができると信じています。より多くの人々が地域開発に携わるからこそ、その場所の用途や需要が増すのです。関わる人々の多様化は経済発展だけではなく、さまざまなバックグラウンドをもつ人々のつながりや交流を促進させます。 エヴァは今までに他のアーティストたちとともに、再生不可能に一軒見える無法地帯を人々が魅了してやまないホットスポットに蘇らせてきました。NDSM造船所もその一つです。エヴァの役割は、これら再生されたホットスポットを商業目的の企業などの手に渡らないように守ることでもあります。地域開発は単一の企業ではなく、地域住民と一丸となって成功させるものだからです。