日本

2008年、エヴァは横浜市役所の招待で、横浜クリエイティブシティー会議に出席しました。その会議の中で、エヴァのNDSM造船所のプロジェクトがこれからの横浜の見本として協議され、エヴァは横浜各地の場所を訪れ、NPO法人や地元アーティストの人々と交流しました。横浜市のこのクリエイティブシティーというプロジェクトの立ち上げはアムステルダムの1012プロジェクト(アムステルダムのレッドライト街の違法風俗業や犯罪を払拭する壮大な試み)と類似している点が多くありました。エヴァはこの横浜訪問をした結果、Yokohama Triennialsという日本で最も影響力のある国際的な現代アートのエキシビションと関わることになりました。

横浜クリエイティブプロジェクト以外にも、エヴァは2010年に大阪の名村造船所の再開発プロジェクトへの参加を頼まれ、NDSM造船所と大阪のクリエイティブセンターのアーティストたちの間で交流を促しました。その結果現在では、毎年NDSMのアーティストが一ヶ月を大阪のアーティストとともに活動するというプログラムが存在します。 2014年2月、エヴァはNDSMアーティストのJeroen Bisscherouxと日本を訪問する予定となっております。