以下のカテゴリーに関しての全ての投稿 アイ湾沿岸工業建築組合
1 投稿

アイ湾沿岸工業建築組合

アイ湾沿岸工業建築組合とはアイ湾マンハッタン計画の影響を受けて、1993年に設立されたアムステルダム市主導下のアイ湾土手大規模再開発と、土地回収業者、及び銀行が共同で立ち上げた組合です(現在の The Zuidas) 。組合の発起人は湾沿いにある12棟の建築物を不法占領していたそこの住民や芸術家達でした。彼らの当初から訴える主張とは建設物によって街の文化破壊を阻止する事、そこで組合は長い間放棄された工業用地を再調査し、都市開発を目的とした前例のない新しい提案を作成しました。それは「骨組としての都市」と1996年に名付けられ、翌年にはHet Kerend Tij(潮の変わり目)という書物に取り上げられました。それにより現代都市計画の青写真が出来上がり、居住者(利用者)による、彼らの為の都市革新事業へと躍進しました。 さらに組合は居住者の挙げたいくつかの改善策や文化団体の組織化をはかり、彼らの居場所を確保する為の様々な援助を行いました。中でも成功例としてはPlantage Dok,Het Veen,Pakhuis Wilhelmina,OT301が存在しますが、中でも有名なのは「骨組みとしての都市」のモデルとなった「芸術の街」のあるNDSM造船所でしょう。 1997年以降、エバは建設組合とは、2棟の建築物の利用者という事も含め色々と深く関与していました。彼女は広報管理、実演説明、傍聴会、文化宣言をこなし、市議会のロビー活動の場で開発委員会(Incubator Policy)が発足、エバは2006年、建設組合の中心人物に指名されました。 20年の長期にわたる努力は身を結び、それは市の文化政策に多大な影響を与えました。適切な予算のもとで開発委員会スタートさせ、文化建築物と芸術家達、市議会と公共住宅機構との架け橋を作り上げました。…