以下のカテゴリーに関しての全ての投稿 エヴァについてその他
7 投稿

ラヤナ モコジンタ

パワー、情熱そしてヴィジョン。これらが都市開発に携わるエヴァを語るのにふさわしいキーワードです。経済、社会、そして文化はともに発展していくことが可能だと彼女は考えています。とてもクリエイティブな一方、とても現実的でビジネスの才能も持ち合わせている彼女。古い都市や地域開発とは反し、地域の発展は関わる全ての人が一丸となってこそ達成することができると信じています。より多くの人々が地域開発に携わるからこそ、その場所の用途や需要が増すのです。関わる人々の多様化は経済発展だけではなく、さまざまなバックグラウンドをもつ人々のつながりや交流を促進させます。 エヴァは今までに他のアーティストたちとともに、再生不可能に一軒見える無法地帯を人々が魅了してやまないホットスポットに蘇らせてきました。NDSM造船所もその一つです。エヴァの役割は、これら再生されたホットスポットを商業目的の企業などの手に渡らないように守ることでもあります。地域開発は単一の企業ではなく、地域住民と一丸となって成功させるものだからです。…

デ•スタッド(de stad bv) 創業者, ユルーン•サリス

エヴァほど自立したアーティストはほとんどいません。アトリエで細々と作業をするのではなく、地域社会の中心で活動することによって彼女は周囲に多くの刺激を与えています。人々に自分で現状況をどう変えられるかを指導する立場のエヴァ。現在に至るまでの活動で、クリエイティブなアーティストこそが地域社会の中心に発つことによって、新鮮で新しい風を吹き込ませることができるのだと証明しています。エヴァが携わればどのプロジェクトもユニークで輝かしい結果をもたらし、これこそが彼女の才能の素晴らしさなのです。…

Krishna Kaur, ムービーメーカー

エヴァは1965年アムステルダムに生まれ、最初の10年間を英国で過ごしました。帰国後は心理学とコミュニケーション学を学び、過去15年は文化芸術発展の第一線で活躍してきました。アムステルダムの貧困地域再開発の為に地方に限らず全国を走り回り、ヒップホップに熱中するスケートボーダーから新エネルギー開発、芸術文化市場、芸術家の活動拠点となるスタジオから居住空間の確保に至るまで、様々なロビー活動やキャンペーンを続けています。庶民の目線にたち、あらゆる交渉を勧めて行く彼女はいつしか政府や工業関連の人々から恐れられ、ある意味で一目置かれる存在となっていきました。現在、エヴァは息子のヨヒーム•バルサザールとともに住んでいるアムステルダムを拠点として活躍しています。…

インタビュー Het Parool新聞:今週の人

このインタビューがKROのドキュメンタリー「Van Plooirok tot Rafelrand」 の制作につながりました。インタビューはパトリック•ミアーズフック、写真はダニエル•コーヘン…