以下のカテゴリーに関しての全ての投稿 エヴァについて
8 投稿

エヴァについて

まずは地域共同体を、その後に計画案が見えてくる 創立者、開拓者、文化探究家、仲介者、資金調達家、施工責任者、開発者など一言では表現出来ないほどの肩書を持つエヴァ•デ•クラーク氏。彼女は地域共同体(=コミュニティ)と都市地域有効利用開発、発展において絶え間ない努力と情熱を注ぎ、現在もその任務に大きく携わっています。世界中のあらゆる都市で目にする無放地域、具体的に住宅や工業地域が無人化の末、長年放置され社会からもその存在を無視された場所や、ある種の否定的なレッテルを貼られた地区などを調査し、廃棄になる運命から救済し、新しい可能性を見つけ出し社会に提供するのが彼女の役割です。その手法は、周辺の地域共同体などを通じて様々な人々に実態を紹介、可能な限りのアイデアを集結していくという、想定外な手法で様々な課題に挑戦しています。…

アルプス山脈

コミュニケーションを勉強しながら、エヴァは戦争記者となるために数年の間世界中を旅しました。1995年に彼女は平穏と平静を求めて、アルプスに向かい山羊使いとなります。毎年スイスでは多くの農家が羊の面倒をみてくれる若い人々を必要としていました。彼女の日常の時間は乳搾りや干し草作り、肥料まき、チーズ作り、販売用のチーズの谷への運搬、そして、羊たちの生草地への誘導に費やされることとなりました。山々で過ごした6ヶ月間は彼女の人生を変えました。アルプスの中でも彼女の滞在した地区は歩きでのアクセスしかない場所でした。山並みは険しく、天気は予測不能で、そこで感じられる孤独感は時に凄まじいものでした。この経験は彼女に忍耐強さと自身の能力への自負を与えたのです。  オランダに戻ってから、彼女は共に働いていきたいと思う人々、すなわちイニシアチブをもつ芸術家や若い起業家を見つけだしました。彼女はアイ湾沿岸工業建築組合で働くこととなります。これはアムステルダムにある文化的建築に関する組合です。街にある他の施設との働きも伴って、90年代後半、エヴァはアムステルダム市議会の考えに変化を起こしました。そしてそれは芸術家や職人、そして創造性をもった起業家たちがそのイニシアチブを活用したり、職業空間や居住空間を作ったりすることを支える結果となったのです。市議会は徐々に彼らを育て上げようとという志を持ち始めました。これこそが国際的な称賛を受けることとなるNDSM地区の実現に結びつくことになります。…

エヴァのコンテナオフィス

手作りの仕事場 エヴァ自身、アートシティ(Kunststad)の2階と3階に3つのコンテイナーを設置し、自分の事務所として使用しています。第一のコンテイナーは事務所、第二のコンテイナーはキッチン付き会議スペース、そして一番小さな第三のコンテイナーには仮事務所を設置し、芸術的な環境の中で刺激を得たいと思っている学生、インターン、特別なゲスト用にこの場所を提供しています。またコンテイナーは水道、電気、冷暖房装置を完備しています。 両フロアーは外階段でつながっており、上階にはピクニックテーブルが設置されています。この場所が、エヴァがプロジェクトチームの人々とともに今後の企画構想を練る場としてよく使用されています。…

ラヤナ モコジンタ

パワー、情熱そしてヴィジョン。これらが都市開発に携わるエヴァを語るのにふさわしいキーワードです。経済、社会、そして文化はともに発展していくことが可能だと彼女は考えています。とてもクリエイティブな一方、とても現実的でビジネスの才能も持ち合わせている彼女。古い都市や地域開発とは反し、地域の発展は関わる全ての人が一丸となってこそ達成することができると信じています。より多くの人々が地域開発に携わるからこそ、その場所の用途や需要が増すのです。関わる人々の多様化は経済発展だけではなく、さまざまなバックグラウンドをもつ人々のつながりや交流を促進させます。 エヴァは今までに他のアーティストたちとともに、再生不可能に一軒見える無法地帯を人々が魅了してやまないホットスポットに蘇らせてきました。NDSM造船所もその一つです。エヴァの役割は、これら再生されたホットスポットを商業目的の企業などの手に渡らないように守ることでもあります。地域開発は単一の企業ではなく、地域住民と一丸となって成功させるものだからです。…

デ•スタッド(de stad bv) 創業者, ユルーン•サリス

エヴァほど自立したアーティストはほとんどいません。アトリエで細々と作業をするのではなく、地域社会の中心で活動することによって彼女は周囲に多くの刺激を与えています。人々に自分で現状況をどう変えられるかを指導する立場のエヴァ。現在に至るまでの活動で、クリエイティブなアーティストこそが地域社会の中心に発つことによって、新鮮で新しい風を吹き込ませることができるのだと証明しています。エヴァが携わればどのプロジェクトもユニークで輝かしい結果をもたらし、これこそが彼女の才能の素晴らしさなのです。…

Krishna Kaur, ムービーメーカー

エヴァは1965年アムステルダムに生まれ、最初の10年間を英国で過ごしました。帰国後は心理学とコミュニケーション学を学び、過去15年は文化芸術発展の第一線で活躍してきました。アムステルダムの貧困地域再開発の為に地方に限らず全国を走り回り、ヒップホップに熱中するスケートボーダーから新エネルギー開発、芸術文化市場、芸術家の活動拠点となるスタジオから居住空間の確保に至るまで、様々なロビー活動やキャンペーンを続けています。庶民の目線にたち、あらゆる交渉を勧めて行く彼女はいつしか政府や工業関連の人々から恐れられ、ある意味で一目置かれる存在となっていきました。現在、エヴァは息子のヨヒーム•バルサザールとともに住んでいるアムステルダムを拠点として活躍しています。…