ベルリン

2007年、ベルリン市は既に使用されなくなったTempelhof空港の再開発のため、エヴァの助けを求めました。Tempelhofは市の中心に位置し、3,5平方キロメートルの広さでエヴァは再開発のためには近郊にあるNeuköllnという地区の人々の参加協力は必須だと主張しました。その結果、今では自然保護を目的に大きな自然公園が設置され、近郊に住む住民の憩いの場と変化を遂げました。公園の周辺に新しい住宅街がつくられ、以前飛行場だった建物の中では展示会やイベントが開催されています。Tempelhofの再開発はベルリン市と周囲に住む人々の暮らしへ新しい風を吹き込む結果となったのです。

2007年以降、エヴァはたびたびベルリンを訪れ、2010年にはOlafur Eliasson’sの空間研究所のスペースアクティブマラソンという空間の発展•アート•建築•公の空間の使い道を協議する国際会議に参加しました。2012年には市役所の招待のもと、放置された産業地区の再利用に関するInternationale Bau Ausstelling (IBA) Symposium Sleeping Giantsという協議会に参加しました。

その他にもKW現代アート研究所とTUベルリン合同で開催されたMake Shift協議会に出席し意見交換を行いました。

 2013年にはベルリン市役所とBuro Happold氏に、NDSMエネルギーを見本として再生可能な自然エネルギーをTempelhofに導入においての指導を求められました。ベルリンで開催されるIBA2020(世界で3番目に大きい建築エキシビション)での会議やシンポジウムでTempelhofは他の放置された産業地帯の見本として注目されるでしょう。